ネット誹謗中傷の原因は?誹謗中傷被害に遭った時の対処法ついて

ネット誹謗中傷はどうして起こるの?

人によって考えが様々で、たとえば消費税増税についてあげてみれば、賛成派もいれば反対派もいます。よく考えて発言していればそれほど被害に遭うことはありませんが、どんな人が読むか分からないので、「私はこう思う」という意見を発言するようにして、意見の異なる人たちを見下したり、全否定するような発言は控えた方がいいでしょう。会話でも同じですが、発言に気を付けることが大事。ネットでは勘違いも多く、身近な人たちだけが読むわけではないので、マナーを守って発言しましょう。

何もコメントしていないのに起こるネット誹謗中傷

時として、ネット上で何も発言していないのに中傷被害に遭う人がいます。それは、悪意のある火付け人がいて起こることです。ネット上では、たった一人の人がウソの発言をしただけで簡単に炎上してしまうケースがあるのです。これはマナー違反では済まされません。悪質なケースは犯罪とも言えるでしょう。炎上が激化する前に、できるだけ早く対応しましょう。ウソがウソを生み、放っておくととんでもない内容に変わってしまいます。警察は「殺人」「暴力」に関係しなければなかなか動いてはくれないので、法律機関に相談するといいでしょう。

ネット誹謗中傷に対する法律

ネット誹謗中傷にあたる法律は、名誉棄損・プライバシーの侵害・ストーカー規制法などになります。中傷内容をプリントアウトし、証拠として保管しておきましょう。弁護士などの専門家に依頼すると対応が早いのですが、料金が心配なのと、仕事や授業で身動きできずに相談が遅れることがあります。料金については、所得制限などの条件がありますが法テラスを利用するといいでしょう。法テラスに直接相談に行けないときは、電話で問い合わせると法テラスに登録している専門家を紹介してくれます。お休みの日に相談できて、料金も法テラスが立て替えてくれるので安心です。初回相談料は無料なので、相談だけでもしてみるといいでしょう。

ネット誹謗中傷は自分に関心がある人がしていることなので、気にしなければ自分に興味がる人が世の中に居るんだと前向きに考えられます。