プライバシーを保護するための動向とポイント

プライバシーという意味は

常日頃でよく、プライバシーというフレーズが耳に入ります。このフレーズは、私生活であるとかプライベート情報などを指し示すフレーズとして利用されます。それに関係する権利をプライバシー権利と言っています。人にはいうまでもなく、他の人に気づかれたくないことがよくあります。それを順守していかなくては、万一が起こった場合に尋常じゃないことになります。自分自身に関連する情報でピント外れのことがあれば、他者に関し情報そのものの見直しや削除を希望する権利が入用になることもあり得ます。

プライバシーの権利の確立

新聞、あるいは雑誌などのマスコミの展開によって、ゴシップ、あるいはスキャンダルに関しての記事が数多くなっています。これらのものに関しての記事が生じたとき、スタートした時は名誉毀損にあたるといった評価が出ました。アメリカの法律家によるプライバシーの権利が提議され、権利として扱われるようになっています。日本でもプライバシーというフレーズが活用されるようになって、人格権という形で受け入れられるようになっています。

個人情報保護法との関連性

個人情報保護法は個人の権利利益を守ることを目標としており、データ上の管理についても定まっています。プライバシー8原則がこちらの法律制定にも影響を及ぼしています。ただし、個人情報保護法によりまして、過剰的なリアクションが見られたことがあります。ひとつの例として、鉄道事故が見られた時に、ご家族に関し鉄道会社が動向に関しての重要な情報を供してもらえないなどということも見られますから、必要に応じて重要な事が聞き出すことができないこともあり得ます。

シュレッダーとは、紙類を散り散りに裂く機械のことを言い、企業用や家庭用があります。個人情報保護や秘密厳守のため用いられます。