最近噂のビットコインどんなものか知っていますか?

ビットコインって何だろう?

最近ニュースなどでもたまに耳にする「ビットコイン」。よく話題にも出てきますが、本当はビットコインはどういう物なのか知らない人も多いのではないでしょうか?ビットコインは、コインというだけあって通貨であることは間違いありません。ただし、紙幣硬貨はなく仮想上の通貨、いわゆる仮想通貨というものになります。よくコンビニで売っているポイントでゲームを買えたりアプリを買えたりするもの、これも仮想通貨です。ですがビットコインは、そのような仮想通貨とは少し違う特徴があるのです。

どこでも使える?仮想通貨「ビットコイン」

そう、ビットコインの特徴、それは「現金のように日常でどこでも使える」そんな仮想通貨を目指して作られたものなのです。よくある仮想通貨は、そのサイトや企業、アプリ内でしか使えないポイント制であることが多いですよね?そのような壁を取り払い、日常的に現金と同じような感覚で支払などに使用できる、それがビットコインなのです。例えば、店で商品を買おうとしたとき、その店がビットコインに対応していれば自分の持っているビットコインを携帯から支払うこともできます。しかし、それでは普通の現金のほうが使いやすそうです。では、普通の現金と比べてどのようなメリットがあるのでしょう?

仮想通貨だからこそのメリット

まず、ビットコインは個人同士で送金ができます。現実では銀行などで振り込まなければなりませんよね?それが仮想通貨だからこそ、携帯などから相手に直接送金することができるのです。そして、その振り込みに手数料が一切かからないのも魅力点です。また、海外の通貨(ドルなど)からもビットコインにチャージできるため、世界を超えた送金にも非常に便利です。もちろんデメリットもあります。相手がビットコインを使っていなければ当然送金には使えません。しかし、最近ではコンビニでも使えたりと徐々に普及が進んでいるため電子マネー感覚で使用できるでしょう。この最先端で発展し続ける仮想通貨「ビットコイン」。将来的に、全世界で普及して国を超えて使用できる通貨になるかもしれませんね。

ビットコインとは、仮想通貨です。現実に貨幣は存在しませんが、主にネット上での商品の売買ができるというものです。認知度が低く実用化に時間が必要ですが、本来の目的で機能すれば最大の貨幣となるでしょう。